院長ブログ

体がだるい、橋本病!

当院にメンテナンスで通ってる 40歳代女性の患者さんが、

最近 からだが凄くだるい、太ってきて全然やせない。

今までに感じたことが無いくらいだるさで、自分でも普通じゃない感じがする、

と言って来ました。

だるい

甲状腺に異常が出ると同様の症状が出る為、専門医で検査してもらった方が

良いよと話しました。

 

だるさの症状は甲状腺ホルモンと副腎ホルモンが関係してる事が

多いので、その日から内臓治療と頭蓋矯正を始めました。

 

数日後患者さんが来られ、検査結果が橋本病、

3カ月後に再度血液検査をしてその内容で治療内容を決めると

言われたそうです。

 

甲状腺と副腎を主として当院で治療を進めて行き

3カ月後の再検査では なんと正常、本人のその頃には

症状も改善していました。

 

ですが、今後の事を考え3カ月後もう一度検査をする様に

言われたみたいです。

当院でも同様、安心できるまで そのまま治療続行です。

 

 

 

オスグッド!

オスグッドは成長痛?、医療機関では成長が止まるまで痛みは止まりません、

治療方法はないので、大人になれば痛みは止まります。

治療方法がないので痛い時は湿布貼ってね とか言われます。

 

成長しない子供がいるのでしょうか?子供はみんな膝が痛くて

スポーツが出来ないのでしょうか?どう思いますか。

オスグッド

当院の患者さんでもある 高校教諭からの紹介で 名古屋市 西区

から オスグッドの男子高校生が治療に来ました。

中学生の時にオスグッドを発症し初めての医師の診断では(成長痛なので

成長が止まらないと痛みが止まりません、スポーツは絶対しないで下さい)

と言われたそうです。

 

病院を変えても治療方法は無し、でもそこの医師にはスポーツはやっても良いと言われ、

痛みを我慢しながら部活動を続けていたそうです。

 

来院初日、来院時屈伸が出来ず痛みが出ていたが

骨盤、股関節、膝関節、足根骨を緩め脚の捻じれを取ると

屈伸も出来痛みも消え本人も驚いていました。

 

しかし、オスグッドの症状がある人は脚をねじって使う癖が有るので

何度か調整も必要だし、しばらく激しい運動はひかえなければなりません。

しばらくと言っても1か月位かなー、回数的には6回程度治療すれば

ほとんどの人が良くなります。

 

今回の彼はやはり治療5.6回程度で今は普通に部活動に復帰、

大会などにも出場してるそうですよ。

 

オスグッドは良くなります、あきらめないで来てくださいね。

アトピー治療から妊娠!

整体でアトピー治療 …?と思う方もいらっしゃると思いますが、

最近ではそう言う整体院も増えてきてます。

 

ちなみに私の院でもやってますが、

どうやって? と思う方は是非いらっしゃって下さいね。

 

名古屋 中川区 30歳代女性のアトピー治療中の方が

先生、妊娠したかもしれないんですけど

アトピーの治療でそう言う事も有るんですかと患者さんが聞いてきました。

 

整体で行うアトピー治療とは、内臓治療や頭蓋骨矯正などを使い、

内臓の機能を上げたり デトックス(解毒)を行ったり。

頭蓋骨矯正などで自律神経を整えたり、ホルモンのバランスを良くしたり

するので体質が変わってきます。

 

アトピーが良くなると言う事は、美容で言えば美肌になるし、

体液循環が良くなると言う事は(デトックス)ダイエットにもつながるかも!

そもそもアトピーの方は内臓に毒素がたまって機能が低下、下垂してます。

その内臓の重さで、卵巣や子宮が圧迫されてしまうと生殖器も機能低下

してしまいます。

 

2人目のお子さんがなかなか出来ないなーと思ってた時だそうで

患者さんは かなり喜んでました。

 

アトピー治療で体質が改善され、妊娠しやすくなっんですね、

おめでとうございます。

ちなみにその患者さんは3人目も欲しいとおっしゃってます!

がんばれ~!

 

妊娠しました!

36歳 女性 蟹江町

だるだる

以前肩の痛みで通って頂いてた患者さんの奥様が膝痛で来られました。

奥様はかなり前から体調が悪く、疲れやだるさで起き上がれない日々が続くことも

よくある方で、

以前より聞いていたので、内臓治療や頭蓋骨矯正を使い自律神経を調整して

ホルモンのバランスを整える事を 膝痛治療と一緒に行っていました。

 

膝も良くなって行き、体調もかなり良くなって明るい表情も出て来たので、

以前ご主人から奥様が子供を欲しがってる事を聞いていたので。

奥様に不妊治療して見ましょうかと聞くと、子供が欲しいとおっしゃるので

その日から不妊治療を始めました。

 

膝も体調のお方も順調に良くなって行ったのですが、1か月前位に

「体調が良くないので予約をキャンセルします、また体調が戻りしだい電話します」

と奥様から連絡が有り。

5月から梅雨にかけては、気温や気圧、湿度の変化で内臓疲労が起こりやすく

体調を崩しやすいからな、と思おっていましたが!

 

最近、ご主人から予約の電話が有りお二人で行きたいとおっしゃるので、

奥様のお具合はいかがですかと尋ねると。

実は妊娠検査薬の反応が出たので、妻は病院に行っているのですが

多分大丈夫だと思います、とおっしゃられたので来院を楽しみにしていました。

 

病院の診断で間違いなく妊娠しています。

と言われたそうで、本人もご主人も喜んでおられました。

おめでとうございます!

にん妊

今後、奥様の体調が心配なのでメンテナンスとして通って頂くことになりました。

 

仕事で転んで膝が痛い!

名古屋市 中川区 60歳代 男性

職業は建設業で、仕事中転んで膝を痛めたので見て欲しいと言う

60歳代の男性が紹介で来られました。

膝を痛めた男性

付き添いの方とやっと歩いている感じで、問診の時ヘルニアで腰も痛いし

持病もも持っているとおっしゃっていました。

背中はかなり曲がっており仰向けでは眠れないし、膝を痛めた足に常に体重が

乗っている 、、、。

 

転んでぶつけて打撲で痛いだけではなさそうです、取り合えず身体のバランスを取り

骨盤の調整、脊柱のお矯正を行い、ヘルニアの腰の痛みは無くなり

左右の足に均等に体重が乗るようになったので、膝に痛みも軽くはなりましたが

まだ完全に痛みがなくなった訳ではありません。

 

転んだばかりなので、初日はこれで終了!

 

2回目の施術では、初回の施術を繰り返し、膝関節がかなり緩んだので

痛みが取れたと思ったら、まだ取れてませんでした。

普通このくらい緩めば改善があるはずなんですが、、、?

 

患者さんが、次は三重県のかかりつけの医師に見てもらうので

検査結果が出てから来ますとの事で、2週間後くらいに予約を頂き結果を

待つことになりました。

 

診断の結果 本人も余り良く覚えてなくてぶつけた所が骨折してると言っていたそうです。

骨折じゃ痛み取れないよねと言いながら 施術3回目かなり良い手応え(キタ━(゚∀゚)━!て感じ)があった、

なんと 本人は病院で骨折だと言っていたはずなのに膝の痛みが消えた、、、?

なんか意味が分からないけど(誤診 ?)その後なにをしても痛くないらしい。

不思議。

仕事

膝以外にも色々良くない所はあったが、本人の意向で 当院を卒業する事に。

 

その後、付き添いに来られた方も来院されましたが、あんなに痛がってたのに

全然普通に仕事してますよと不思議がってました。

 

 

 

 

膝痛の治療計画・回復曲線とは?

名古屋市中川区 40歳代 女性 変形性膝関節症

いた

変形性膝関節症で接骨院に通ってるが一向に良くならないと言う患者さんが

来られました。

学生の時からスポーツをやっていて、色々な所を痛めて来られた様子です。

 

痛めるのには原因があり、そこを治療しないと改善は見込まれないのですが、

今まで症状が出ている箇所の治療しかして来られなかったので、

膝に掛かる負担で20年30年たつうちに軟骨少しずつ削れ、減ってしまい

膝が曲がったまま伸びず痛みが出て仰向けでは眠れません。

 

初回から痛みは軽くなり、患者さん本人も違いを実感され、当院で治療を

して行き、曲がったままの膝も伸びるようになり、順調に回復して行きましたが。

アクシデントが発生、色々な事情により今までの様に通えなくなりました。

 

当初よりは相当良くはなったものの、痛みはまだある状態で今のペースだと

2ヶ月に1回程度、、、、改善していきません。

 

皆さんは回復曲線と言うのを聞いたことは有りますか?

治療をして行く上で、治療計画というものが有りますが、

通常この回復曲線と言うものに従って治療計画を立てていきます。

 

交通事故にあった、突然の事故でケガをしたなどを除いては、

生活習慣で身体が壊れていきます。

そして年を追うごとに激しく壊れ痛みを出すまでになり治療を考えるようになります。

この方だと20~30年その歴史は一瞬で飛び越えることは出来ません、時間はある程度

掛かりますし、物理的にどうしようもない所も有ります。

 

年齢によっても変わっていきます、治るか治らないかではなく回復にどれだけ時間が掛かるか

という問題が有ります。

年齢だけでは有りません、そもそも身体が弱い、持病がある、薬を飲み続けている、手術をしている

などで回復力が変わります、回復力には個人差があるのです。

 

他とえば、良くもなく悪くもない状態を  として、

悪い状態を    良い状態を  とします。

 

10段階で見ていきましょう、

1回の施術で -10から -8まで良くなりました、

そのまま治療をしないでいると、日を追うごとに生活習慣の影響などで -10に向かって行きます。

お金を掛けながらよくなりません、もしくは痛みが取れない(治らない)可能性が有ります。

 

-8からなるべく悪くならうちに、施術をすると -8から -6になります。

これを繰り返すことで +-0になり +へと改善していきます。

皆さんはどちらお選びますか?

けして、リピートをさせたくて言ってるわけではないですよ (笑)。

みなさんの回復と価値あるお金の使い方を考えてるんです。

 

せっかく限りなく 0 に近づいてもそのまま方っておくと-10、-12と

この次痛みが出たときには、前回よりも確実に症状は悪化してます。

もしかすると手遅れ、治らない可能性だってあります、

残された手段は手術しかありません、手術をしても痛みが取れない可能性だってあります。

 

何を言いたいかといえば、通い方を間違えると、治らない時があるよ と言う事です。

いろいろ事情はあるでしょうけど 身体は待ってくれませんからね。

ヒロ

回復曲線を考慮に入れ治療スケジュールどうりに治療して早く健康になりましょう。

 

 

立ってるだけで膝痛い!

ひさ

台所で立ってるだけで膝が痛くなる、膝が痛くて歩けない。

 

とおっしゃる 名古屋市中川区 50歳代 女性が来院されました、

整形外科さんで見てもらいましたか?とたずねると、「 医者がきらいで行ってない 」

との事でした。

いつもの様に原因を探し治療、 この患者さんは かなり昔の捻挫が原因の様です。

 

皆さんは 捻挫した時、腫れがひいて痛みがなくなればOK!と思っていませんか?

実は、小学校の時の捻挫が原因で高齢になってから変形性膝関節症や股関節症、

椎間板ヘルニアになるケースも少なくないんですよ。

 

まあ小学生のとは限りませんが、肩、腰、股関節、膝の症状が出る何十年も前の捻挫が

原因という時が有ります。

 

原因+下半身各部位調整、当然 膝も治療しますが、治療中に関節がズレるような感覚と音がします。

半月板が削れてしまっている様です、変形性膝関節症です。

 

何度かの治療で、膝も曲げ伸ばしも正常に行えるようになり 痛みも無くなり

ご主人と趣味のコンサートへ出かけたり、以前行っていた乗馬も再開されるまでになりました。

じょう

ここで問題なのは、普通の人より関節軟骨が削れて減ってしまっているので

痛みは無くてもメンテナンスでバランスを崩れないようにしなければいけません。

 

おどかす訳では有りませんが、今度痛みが出た時は痛みが取れない恐れが有ります。

変形性 症と診断されたら痛みが取れても、今後痛みが出ないメンテナンスが必要なんですよ。

 

 

変形性膝関節症!

膝痛

10年以上 椎間板ヘルニアで時々腰痛が出るから見てもらいたい、

と言う 名古屋市中川区 40歳代 男性が来院されました。

今まで通っていた整体院が、院を閉められ困ってしまい当院にたどり着いたそうです。

 

問診票には腰の事しか書いてなく、他にはないですかとの質問に、

変形性膝関節症でそっちは接骨院に通ってます、 階段の上り下りが辛いですと

おっしゃるので、どうして膝だけ接骨院なんですか ?

の質問に、以前通っていた整体院の先生に膝が痛いのは診るが変形性膝関節症

は診れないと言われたそうです。

 

実際、膝痛、変形性膝関節症の治療は難しく、特に変形性膝関節症は軟骨が減って

しまってるので改善が難しいです。

これは、症状が出てる所しか見てないからです、ほとんどの整形外科、接骨院、整体、

カイロプラクチックの治療がそうで、

膝が悪くなる原因、箇所にアプローチせず、ほかから負担がかかってねじれて痛みを出した

膝ばかり治療しているからです。

膝周りの、筋肉や靭帯を電気やマッサージで緩めたり、赤外線で温めたり、膝にヒヤルロン酸

を注入しても一時的に良くなった感じはするかもしれませんが、

原因からの負担が取れてないので、痛みが取れないか、また 再発します。

 

膝だけの治療ですと、感覚的には良くなったり再発したりを繰り返しているようか

に思えますが。

実際には、治療期間中もずっと 徐々に膝関節が壊れて続けけています。

 

当然、症状が出ている膝の治療も必要ですが、原因部分の治療が

最も重要だと考えています。

 

実際、原因箇所の治療をしただけで膝の痛みがなくなる人もいます、

彼もそうでした。

 

私が今一番辛く思うのは、膝が痛くなり始めたとき そう言った治療を受け、

何年も治ると信じ通い続けながら実はどんどん軟骨が削れ、関節が壊れ続け。

数年後、変形性膝関節症の悪化で手術になる方が多いと言うことです。

さん

 

当院に来られた変形性膝関節症の男性患者さんは 腰と膝の痛みは全く無くなり

卒業されましたが、

本当は、変形性膝関節症になる前に膝への負担を取り、生涯痛みなく歩ける為の

自己管理、治療が望しと思います。

 

なんか変だなと思ったら、激しく痛む前に サクラの樹整体院に来てください、

お待ちしております。

 

 

 

 

梅雨!

じめじめ

季節はすごしやすい春から梅雨へ変わりました。

気圧の関係や湿度が高くなったりで、体調 (内蔵)に負担の掛かる時期です。

 

低気圧が近づいて来ると、気圧と体内の圧力のバランスが崩れ 体、血管が膨張し

むくみ体液循環(血液、リンパ、脳脊髄液)が悪くなり内蔵機能が低下し、

身体がだるくなったり、やる気が出ない、などなど。

 

内蔵の機能を上げようと、身体がゆがみ痛みが出たり、

気圧と関節内の圧力の変化で、関節の動きが悪くなり膝や肩が病んだりします。

梅雨

体調管理は万全にして下さいね。

もし、調子が悪くなったら! 自律神経調整、内蔵治療、体液循環改善が

得意な 蟹江町の 「 サクラの樹整体院 」 へ来てくださいね。

 

 

五月病・・・だる~い!

5月

 

今回は五月病についてです。

患者さんは男子中学生。  4月下旬女性の方からのご予約で気持ちが悪いのですが

体の歪みから来るものかも知れないので見てもらえますか、と電話が有りました。

 

普通の場合(気持ちが悪い、だるい)などは病院ですよね、 でもその時思ったなは

多分 病院で見てもらっても分からなかったんだろうな、どうして良いか分からず取り合えず

整体でも て感じかな。

 

あんのじょう、親子で来られて(子供が気持ちが悪い、だるい、姿勢が悪い)病院で見て

もらっても異常なしと診断されたそうです。

私が診た感じでは、肝臓、腎臓、下垂。胃が横隔膜につられて上がってる感じでした。

良く4月くらい気温の差について行けず内蔵が疲れてしまい、5月くらいに調子を

崩す5月病かな。

 

5月病というと精神的な物と捉えている方が多いかもしれませんが、実は内蔵疲労

が原因で起こる事が多いんですよ。

ただ五月に調子を崩すと、梅雨に入り直ぐ夏の暑さで体が疲れてしまい、その年は

一年中体調を崩すことになるかもしれません。

 

その男子中学生には、体液循環を良くし内蔵の疲労を取り、循環が落ちないよう

頭蓋骨調整で、本人もビックリするくらい調子が良くなり喜んで帰って頂きました。

 

みなさんの体のだるさも内蔵疲労から来るものかもしれません、

当院で体チェック、メンテナンスして見てはいかがですか。

 

3 / 512345

PAGE TOP